樹木葬

近年多くなっている自然葬の形「樹木葬」とは

死ということについても自然に近い状態にしたいと願う方が多くなっています。
近年、地球環境について考える機会も多くなっている日本において、自分が荼毘に付されるときにも、自然に還るという観念をもって考えたいという方も多くなり、自然葬という葬儀の形が注目されています。

本来人がお亡くなりになると、土葬という形で埋葬され、やがて骨となり大地となるという埋葬がおこなわれていました。
しかし現代、国内では火葬することが求められていますので、土葬という形で自然葬を行う事が出来ません。

自然により近い状態の荼毘を考える時、自然葬の中でも人気が高いのが樹木葬です。
樹木葬は許可を得た墓所などの区画に遺骨を整理し、墓石を設けるということではなく、樹木をお墓の代わりとして自然と共生し埋葬されるという、自然に還る事の出来る魅力ある葬儀です。

樹木葬は様々なメリットがある

樹木葬といっても、自宅の庭にある樹木の下に遺灰を埋めるとか、自分が持っている山に埋めるということはできません。
法律によって遺灰は墓所に埋めることが定められていますので、墓所として許可されている場所に樹木葬として遺灰を埋めることになります。

樹木葬を行っている霊園や墓地では、墓所としての区画にお墓の代わりに樹木を植えることができるようになっています。
複数の御位牌を樹木の下に埋葬するという方法と、一人の方の墓所の区画に、一人の方の遺灰を埋葬するという形があります。

樹木葬の場合、樹木が墓碑となりますので費用の掛かる墓石の購入を考えなくてもいいというメリットがあります。
お墓にそれほど費用をかけたくないという方がこうした樹木葬を検討されることも多くなっています。

通常、墓石を設ける場合、お墓の掃除や管理などをする人がいなければなりません。
樹木葬も樹木の周りの掃除などが必要となりますが、墓石を設ける墓所よりも永代使用料や管理費が安くなっていることもあります。

墓石を利用して墓所を作る場合、宗旨宗派が決まっているという所もありますが、樹牧草の場合、宗旨も宗派も宗教的な制約がないという所が多いので、この点についても現代に沿った方法といえるのかもしれません。

万が一お墓を守る継承者がいなくなってしまったとしても、永代供養をお願いすることができるため、少子高齢化となっている日本の中で、お墓の問題を解決する埋葬方法として考えることもできるでしょう。

樹木葬で自然に還るということを願う方も多くなっている

お墓の管理などについて、少子化、また核家族化が進み遠方にお墓があり管理することが難しくなっているという問題は日本の中で社会的な問題となりつつあります。
今はまだお墓を管理してくれる人がいるけれど、いなくなった時を考慮し、将来誰も見てくれる人がいなくなっても問題を起こさない樹木葬を選択したい、また自然に還る埋葬をしてほしいという人が多くなっています。