一日葬

様々な葬儀の形が多くなっている現代

葬儀というと、人がお亡くなりになってから、ご自宅にいったんお戻りになり、その後、お通夜の日に斎場に移動し、お通夜、通夜振る舞い、翌日に葬儀を行って火葬場へ移動、荼毘に付されて精進落とし、お骨拾いなどを行うということになりますが、こうした一般的な葬儀の形ではなく、家族葬や音楽葬など葬儀の形は様々になっています。

少子高齢化という時代に突入し、日本は特に超高齢化時代となっているため、高齢者が高齢者の葬儀を執り行うということも少なくありません。
すでに退職されて数年以上経過し、会社の同僚とのお付き合いも少なくなっているため、参列者も少ないと想像し、家族葬を選択される方もいます。

こうした中、葬儀を一日で終える一日葬と呼ばれる葬儀も出てきています。
一日葬は文字どおり、お通夜、告別式を1日で行うという葬儀で、近年行われるようになった葬儀の形です。

日数が少ないということで、通所鵜の葬儀と比較して身体的な負担も経済的な負担も軽くなります。
高齢者が葬儀を執り行う場合や、遺族や親族が多忙で休みを取る事が出来ない、遠方に暮らす親類が多く葬儀に参列するのが困難、などの場合、2日間の葬儀は負担です。

そのため、短い時間でも一般的な葬儀の形を取り入れ、時間のみ短縮して行う葬儀が、一日葬という葬儀です。

通夜の料理などが必要ないためリーズナブルにできる

通夜の後には通夜振る舞いがありますが、この時にかかる飲食代も葬儀の中で結構な割合です。
通夜振る舞いの費用がかからないというだけでも、かなり葬儀の費用を削減できます。

葬儀にそれほど費用をかける事が出来ないという人も、飲食代などを少なくできる葬儀となりますので、リーズナブルな葬儀ができると考え、一日葬にされる方も多いです。

経済的な問題があってもきちんとしたお別れをしたい

一日葬とよく似た葬儀として、直葬という葬儀があります。
この場合、通夜や告別式などを行うことなく、病院からそのまま火葬場に御遺体を運ぶ、若しくは病院からいったん自宅へ、そこから火葬場へ御遺体を運ぶ、その後、火葬場で荼毘にふすというもの葬儀です。

この場合、僧侶による読経もありませんし、親しい方もほとんど参列せず、火葬だけを行うというイメージの葬儀になります。

しかし一日葬の場合は、1日の中でお通夜も告別式も火葬も行うので、一般的な葬儀を短縮して行う形になり、きちんとしたお別れができると直葬から一日葬に切り替えたというご家族もいます。

通夜、告別式という形が時間は短いとしてもあるとないとでは、気持の上でもかなりの違いとなるでしょう。
葬儀にそれほど費用をかける事が出来ないという場合でも、一日葬という形がある事を知っていれば、選択肢の一つとして考えることができます。