Skip to content

音楽葬

個性豊かな葬儀「音楽葬」という選択

皆さんはご自分がこの世を去り、その後、最後のお別れとして葬儀をどのように執り行うか、イメージされているでしょうか。
この世とのお別れの時間を、どんな風に作ってほしいか、元気なうちにしっかり自分で構成しておきたいという方も少なくありません。

最近は終活やエンディングノートの作成など行う方も多くなり、人によっては生前に葬儀を済ませるという人もいるということなので、以前よりは自分の最後の在り方、お別れの仕方を考えるようになった人は多いと思います。

葬儀の形も色々で、残されたご家族に面倒をかけるのは嫌だからと直葬を願うという方もいますし、家族葬など家族とごく親しい友人のみで葬儀を行ってほしいという遺言を残されている方も少なくありません。

葬儀はこうあるもの、という概念を持つのではなく、自分の最後の時間、また大切な方が家族や友人との最後のおい別れをする時間を、自由に納得がいくように選択したいと、葬儀の形を考えるようになってきています。

その中に、音楽葬というこれまでに見られなかった葬儀も多くなっています。
伝統的な古くから行われてきた葬儀ではなく、故人らしい葬儀を行いたいという方々に音楽葬など個性的な葬儀が選ばれているのです。

音楽葬も様々、執り行うご家族によって違いがある

音楽葬は形が決まっていませんし、どのような流れで行っても構いません。
例えば、市販されている故人が好きだったアーチストの音楽を流しておくということでもいいですし、中にはある程度の規模の楽団に来てもらい演奏するということもあります。

お亡くなりになった方が例えば趣味で合唱団などに所属していたという場合などは、仲間たちが葬儀場で故人をおくる歌を披露するということもあり、これもまた音楽葬の一つです。

故人が自分の葬儀の際、この音楽を流してほしいと希望されることもあり、親しくされていた友人や知人などはこの音楽を聴いて故人を偲び思いをはせることができます。

葬儀で流れていた音楽を街のどこかで聞いたとき、そうだ、あの人の葬儀の際に流れていた曲だと故人を思い出すことにもなります。

音楽を流す場面を特定してもいい

ずっと故人が好きだった音楽を流しておくということでもいいかと思いますが、例えば開始期の前や、故人の生涯を紹介している際、また弔電を読むときなどに流すということもあります。

特定の時間やタイミングを見計らってこうした音楽を流すことでより印象的な音楽葬になるということも言われています。

音楽葬では主にクラシックが多いのですが、クラシック以外でも最近の音楽葬では利用されているということなので、音楽が好きだった方の葬儀にこうした形の葬儀を選択されても印象に深く残る葬儀になると思います。

Sidebar