Skip to content

密葬

お身内だけで葬儀を済ませる「密葬」

親しい方がお亡くなりになったと知らせを受けた時「密葬」で行うと聞くこともあります。
密葬というのは、身内だけで内々に葬儀を済ませるというものです。
この場合、葬儀を行う事を大々的に知らせません。

葬儀というのはお亡くなりになった人に対し、お別れに来ていただける方に来ていただき、最後のお別れをしてもらうものなので、広く、葬儀の日程、どこで行うかなどを知らせます。

しかし密葬の場合、対外的に開かれた状態で行うことなく、近親者のみに知らせがいき、近親者のみで行われます。
簡単な葬儀を行い火葬死、色々な事が終了してから、親しい方々、お世話になった方々に、故人が亡くなりましたという通知を出します。

密葬というのは本来、本葬を行う事を前提に親族主軸で行う葬儀でした。
この密葬を終えてから、社会的に多くの方に来ていただく本葬、社葬などを行ったのです。
しかし近年、密葬というと周囲に広く故人の死を知らせることなく、身内だけで静かに行う葬儀を密葬と呼ぶことが多くなっています。

多くの会葬者を臨まない葬儀となっている

密葬は本葬の前に家族だけなどで行う近親のみの葬儀、その後に本葬を行うという本来の形から、現代は人知れず行う葬儀というような意味合いに変わってきています。

多くの会葬者を集める通常の葬儀の形を臨まない葬儀となりますので、この場合、ご遺族が周囲に知らせたくない理由を持っているということもあります。
そのため、「密葬」といわれた場合、よほど故人と生前に親しくしていた方以外、行くことは遠慮する方がいいといわれています。

どうしてもお別れを言いたいということなら、ご遺族にいったん連絡を取り、参列してもいいかどうか、確認してから参列される方がいいと思います。

例えば病気や事故死などではなく、その他の死に方をされた方などの葬儀に、密葬という形をとる事が多くなっています。
ご遺族の気持ちを思えば、こうした時、他の方とお話をするのが苦しいということもあります。

ご挨拶をしたいということなら

お世話になった方が密葬となった場合、密葬にはいくことが出来なくても後からお参りだけでもさせてほしいと願う方もいます。
葬儀からしばらくは、ご家族もばたばたされていますので、ある程度の時間をみて伺う方がいいと思います。

伺う時には必ず、ご遺族の都合を聞き、都合のいい時に伺うことができるようにします。
御香典をもっていく、お菓子なども一緒に持っていくなどすると丁寧です。

現代、家族葬や直葬なども多くなってきていますが、あえて密葬という形をとったということは、何らかの理由があると考えられます。
無理に伺うことはせず、ご遺族の気持ちに沿った行動をとりましょう。

Sidebar