生前葬

自分の葬儀を生きているうちに行う「生前葬」

自分の葬儀を生きているうちに行う生前葬、最近はこうした生前葬を行う人も多くなっています。
勿論まだ一般的という状態にはなっていませんが、自分の葬儀を自分で考え、納得できる最後にしたいという人も実は多いのです。

自分の葬儀にはもちろん自分が参列出来ない、これは当然のことですが、生前葬なら葬儀に参列してくれた方に、お世話になったと挨拶できますし、謝りたかったことや、残された家族の様子をたまに見てほしいとか、死ぬ前に行っておきたいことを伝える場所にすることもできます。

葬儀内容は自由!故人になる前に葬儀でしたいことができる

生きているうちに自分の葬儀を行うのですから、「自分の葬儀だったらこういう風にしたいな」と思う事を、盛り込むことができます。
もちろん費用的な問題もありますが、自分の最期を自分でプロデュースできるのなら、しておきたいという方も多いでしょう。

生前葬というのは一般的な葬儀とは違い、内容に決まりもありませんし、好きな事が出来るので、ご家族と話し合って自由に葬儀の内容を決めていくといいと思います。

例えば、葬儀の弔事として招待する方からスピーチをしていただく、乾杯など行う、故人として人生の中でお世話になった方へ感謝状を贈る、中にはビンゴなどのゲームを行ったという生前葬もありました。

生前葬のいいところ、悪いところ

生前葬のいい点、悪い点を理解しておくことも重要な事です。
良い点としては、お世話になった人、謝りたい人、会っておきたい人などに生前しっかりあって自分の想いを伝えることができるという点です。

亡くなってから自分の気持ちを伝えるというと、遺言的にお手紙などを残しておくしかありませんが、生前葬なら直接、自分の言葉で伝えることができます。

一般的な葬儀とは違い自分が好きに演出できるという自由さがありますし、自分の葬儀を自分が納得できる形にできるということも、生前葬のメリットです。

またやりたいことを全部盛り込めばもちろん高い葬儀になりますが、最小限で葬儀を行いたいという時には費用を格段に低くできるというメリットもあります。

逆に悪い点とは何かというと、まだ浸透している葬儀の形ではありませんし、生前に自分の葬儀を行うなんて縁起が悪いという方もいると思います。
特に高齢の方には受け入れにくいことなので、ご家族から反対されるということもあります。

また生前葬を行ったとしても火葬することが必要なので、結局そこで葬儀をあげるという判断をするご遺族も多いため、結局二重に費用がかかったという話も聞きます。

生前葬を行っても、お亡くなりになった時には、病院に迎えに行き安置し納棺、出棺し火葬、骨上げという作業が必要になるわけです。
そのため、生前葬を行うのならエンディングノートに、亡くなった時には直葬で葬儀をお願いすると遺言されている方も多いようです。