Skip to content

自宅葬

自宅で行う自宅葬で住み慣れた我が家から故人とのさようならを

現在でも地方では自宅葬を行っているところがあります。
古来、葬儀については隣近所の方々にお世話になりながら自宅で執り行うのが通常とされ、住み慣れた我が家から故人を送りだしていました。

現在ではほとんどのご家庭で葬儀社を利用し、葬儀会館から故人を送る事が多くなっていますが、自宅から故人とのさようならをしたいと、自宅葬を臨まれるご家族もいます。
病院で長期入院し、自宅に帰りたいという願いを持ちながらお亡くなりになる方も多く、ご家族としては最後のお別れの時間を住み慣れた我が家で、出来る限り長い時間過ごさせてあげたいと思い、自宅葬という選択をされるようです。
都市で自宅葬を行うとなると大変な面もあるかと思いますが、故人からすれば長く暮らした我が家からあの世に旅立つことを喜ばれているのではないかと思います。

葬儀社もこうした願いを持っているご遺族が多くなっていることから、自宅葬のプランを持っている所も多くなっています。

自宅葬はどのように行われるのか

故人が生前長く暮らし愛するご家族がいる中で、家と家族にお別れをすることができる自宅葬は、故人の願いであることも多いのですが、生活の場ということもあり、近隣に暮らしておられる方々への配慮も必要となります。
自宅葬は故人が住み慣れた我が家で行う事が出来るため、ご家族は住み慣れた我が家でお亡くなりになった故人とゆったりした時間でお別れすることができます。

葬儀社の場合、複数の葬儀が行われる時もあり、時間を制限されることも少なくありませんが、自宅で行う場合には、時間に追われることもなく、また故人との対面も自由に行う事が出来ます。
葬儀社を利用しないことで、葬儀費用が少なく済むということも自宅葬のメリットとして考えることができます。

自宅葬を行う際の注意点とは?

自宅葬を行う場合、葬儀の規模が大きくなることが予想されるときにはなかなか難しい事もあります。
参列する方が多い場合、駐車場の確保も難しくなりますし、読経などの際に自宅の中に入れない参列者が多くなります。

近隣に暮している方々に迷惑にならないように配慮が必要となりますし、葬儀に利用する祭壇の準備や必要な食器類など、葬儀社に用意してもらうとしても準備、片付などが葬儀社利用の時よりも大変になります。
何より隣近所の方々にお世話になる事も多く、またご迷惑にならないようにしっかりと配慮が必要となりますので、葬儀社の方とよく相談しまた隣組などにお世話になりながら行う事も考えなくてはなりません。

しかし故人にとっては最も親しんだ、またお亡くなりになった方からすれば、最もいたかった場所から旅立つことができるため、理想的な葬儀ともいえます。

Sidebar