Skip to content

一般葬

一般葬は伝統的な葬儀

現在日本で行われている一般的な葬儀の中でも、人間関係や社会関係の中で縁を重視した伝統的な葬儀を一般葬といいます。
最近は家族葬など近親者で行う葬儀なども多くなっていますが、故人と親交のある方など広くお知らせして行う葬儀です。

通常の葬儀となれば喪主、ご遺族は葬儀の費用など一時的に大きな負担となりますが、家族葬などを行い、会葬できなかった方が、後から多く訪れたり、通常の葬儀を行わないことを親族に攻められるなどの心配がありません。
やはり伝統的に行う葬儀は後にトラブルなどを起こすこともなく、安心して行う事が出来る葬儀といえるでしょう。

一般葬は会葬者がだいたい300人以下の葬儀の事を言います。
葬儀の内容や進行に関しては、家族葬とそれほど変わりません。
会葬者が100名を超えると予測される場合、受付スペースを斎場外に設けるなど配慮が必要です。

一般葬の費用の目安

一般葬も、葬儀の規模、どのようなレベルで行うのかという事等から、費用に違いがあります。
通常、70万円くらいから200万円位というのが相場となります。
しかし、生花の祭壇にしたり、お出しする料理のレベルを上げるなどすればこれ以上にかかる事も多く、また寺院費用などは含まれなので、その他の費用を含めると、この相場以上の金額になると理解しておきましょう。

どの程度の人数が葬儀にこられるのか

故人のお付き合いなどによっても違いますし、退職されているかいないかによっても参列される方々の人数は変わります。
退職前の葬儀となると、関係者もお付き合いをされている方も多くなるので、家族が思ったよりもずっと多くの参列者が訪れる場合もあります。

ただ必要以上に大きな斎場などを利用すると祭壇を大きくすることも考えなくてはならないし、お花なども会場の規模によって用意する数が違ってきます。
会葬者がどの程度来るか、という事の予測は難しいのですが、退職されて間もない方、退職されていない方の葬儀については人数が多いと考えておく方がいいでしょう。

葬儀に利用する場所

一般的に最近の葬儀は、斎場で行われることが多く、通夜、葬儀、告別式と同じ場所で行われることが多くなっています。
しかし自宅で行う場合もありますし、地域によっては町内会館などで行う事もあります。

この他、火葬場に併設された公営の斎場や、民間の斎場、寺院斎場などもあります。
寺院斎場のほか、寺社や教会の本堂で行われることもありますが、この場合、檀家、信徒だけが行う事が出来、檀家、信徒ではないものが行う事は通常できません。
葬儀について、一般葬とする場合も、人数や場所など考える事が非常に多いので、葬儀社の方と相談しながらしっかり決めていく必要があるでしょう。

Sidebar