Skip to content

家族葬

現代多くなっている家族葬とは?

最近通常の葬儀ではなく、家族葬という葬儀の形が多くなっていることをご存知でしょうか。
家族葬は通常の葬儀とは違い、家族や仲のいい友人だけなどで行う葬儀です。

それぞれのご家族で家族葬の形があり、お亡くなりになった大切な方と最後の時間をゆっくりと過ごすことができるなど、利点も多い方法です。

日本は少子高齢化が進み、超高齢化に向かっています。
平均寿命が延びたこともあり、60代の方が80代の方の葬儀を執り行う必要があるなど、葬儀を執り行う世代の高齢化も深刻です。

会社を退職されて年数がたってからの葬儀となるため、お付き合いも少なくなり葬儀に参列する人が少なくなっている事、また葬儀を執り行う人も高齢となっているため、葬儀を簡素化したい、費用をあまりかけたくないという理由も家族葬が多くなっている要因です。

若い世代で亡くなられた方の葬儀についても、ご家族がお亡くなりになった方と最後の時間をできる限り家族だけで過ごしたい等の意思もあり、家族葬になる事もあります。

家族葬とはどういう葬儀なのか

ある葬儀社が小さいご家族中心の葬儀を家族葬としたことから葬儀の形として定着したもので、形式、宗教によっての違いなど関係なく、定義などももちろんないため、ご家族だけで葬儀を行ってもいいですし、親しい友人だけに参列をお願いし葬儀を行っても問題ありません。

基本的に、ご家族や近しい親族、また生前故人が親しくしてもらったお友達に参列してもらい、家族葬とすることが多いようです。

葬儀を行うご遺族が、どのような葬儀にしたいかを考慮し、また故人がお亡くなりになる前に、家族葬を希望するという事もあります。

家族葬は密葬とどう違うのか?

家族葬は葬儀についての定義などもなく、故人を取り巻く環境やご遺族の意思などによって少人数の葬儀を行うことを指しています。

密葬と家族葬が同じようなものと思っている方も少なくありませんが、密葬と家族葬には大きな違いがあります。

密葬は近親者のみ、身内のみで葬儀を内々に行うことを指します。
簡単な葬儀と仮装を済ませて、死を知らせる必要がある方には、後日死亡通知などによって故人が亡くなったことを知らせます。

現代では密葬というと、会葬者を多く望まない葬儀の際に密葬を選ぶという事が多くなっています。
小規模で通常身内だけで行われます。

家族葬を行う場合の注意点とは

家族葬は通常の葬儀とは違い、参列者の数も少ないので葬儀費用を低くすることができますし、故人との最後の時間をゆっくりと過ごすことができるという葬儀です。
しかし不幸を知った方が参列したいと希望して来たりした場合に、趣旨を説明しなければなりませんし、親族の中にはこうした通常と異なる葬儀をよしとしない方もいます。

お香典を受け取らないという家族葬もありますし、いずれにしても家族、親族、親しい友人のみという事になるので、葬儀費用をお香典から出すという事も少なくなり、負担が多くなるという事もあります。

参列する方を選ぶという事になりますので、ご友人等の中には最後のお別れをいいたかったという方も出てきます。
思いを持って下さった方へ丁寧にお断りする事も大切なことです。

Sidebar