Skip to content

市民葬

様々な葬儀がある現代で注目される「市民葬」とは

最近は様々な葬儀が執り行われるようになっていて、音楽葬や家族葬など、新しい葬儀も周囲で行われるようになりました。
故人の生前を偲ぶことができる葬儀の形として、音楽葬などの葬儀は、多くのご遺族が選択されていますし、故人が生前、遺言として下記残りしていることもあります。

家族葬など、ご家族と親しい友人だけで執り行う葬儀なども多くなっていますが、こうした葬儀が多くなっている背景には、葬儀に沢山の費用をかけて家族に負担を残したくないという故人の考えや、最後くらい家族だけでさようならの時間を作りたいというご遺族の想いなどがあります。

多忙でご家族との時間を持つことの出来なかった故人が遺言で、最後は家族だけでゆっくりと時間を取って見送ってほしいとされていることもあり、こうした遺言に沿って葬儀を行う方も少なくないようです。

そんなか、市民葬や区民葬と呼ばれる自治体と葬儀社の契約による葬儀が注目されているのをご存知でしょうか。
通常の葬儀よりもずっと低い金額でできる葬儀であり、所得制限などもないので、利用されるご遺族が本当に多くなっているのです。

市民葬、区民葬とはいったいどのような葬儀になるのか?

市民葬や区民葬についてはどの自治体でも行われているということではなく、こうした取り組みを行っている自治体のみ、利用出来るものです。

おこなっている場合には自治体から補助金をもらい葬儀を行う事が出来ます。
市民葬や区民葬という名称以外、自治体葬、規格葬と呼ばれることもありますので、各自治体に確認し、利用出来るかどうかを確認してみてください。

市民葬や区民葬については、自治体が直接施行するということもありますが、通常提携している葬儀会社が施行するものです。
祭壇、霊柩車の使用料、火葬などの料金がセットになっていますが、何が含まれるのかという点についても、各自治体によって違いがあります。

備品や返礼品や料理などについては別料金となっているところが多いので、内容を確認して、市民葬や区民葬でのセット料金と、別途かかる費用が何になるのか、これも確認が必要です。

市民葬や区民葬は基本的に祭壇、また葬儀の内容が設定されており、その内容を変更したいという場合、別途費用が出てくることもあります。
利用できる自治体で、市民葬や区民葬を利用したいという場合、市役所や区役所窓口に脂肪届出書を提出し、このサービスを利用したいといえば案内してくれます。

市民葬、区民葬は、こうした行政サービスを行っている自治体に故人、もしくは喪主がその地域に暮していれば利用できるようになっています。
まずは自分、また故人がお住まいの地域で、市民葬、区民葬を行っているかどうかを確認することが必要です。

Sidebar