キリスト教葬儀

キリスト教の葬儀について理解しておくこと

キリスト教の葬儀は仏教や神式の葬儀と比較して国内ではそれほど多くありません。
しかし近年、キリスト教の葬儀も多くなっていますので、キリスト教の葬儀について理解しておくことも必要でしょう。

キリスト教にはカトリックとプロテスタントがあり、葬儀について儀礼があります。
カトリックは非常に伝統に厳格なので、昔ながらの葬儀が行われています。
プロテスタントはそれほど厳格ではないので自由度の高い葬儀となります。

キリスト教は死ということの迎え方が仏教、神式と全く違います。
カトリックの場合は意識があるうちに神に祈りをささげ、プロテスタントは牧師が立会い、神様に祈りながら死を迎えることが大切であるといわれています。

死についてもキリスト教では、死が命の終わりではなく、天上の神から罪が許され永遠の安息を与えられるとされています。
そのため、召天、帰天とし、神のもとに召される記念とされて、やがて訪れるといわれる復活の日まで天国で過ごすといわれています。

キリスト教の葬儀については信者とそのご家族が対象となり、自分が暮らす地域また洗礼を受けた宗派の教会で葬儀を行います。
教徒や信者の方が危篤状態になった時、教会に連絡し神父さま、牧師様に来てもらい臨終の際祈りをささげてもらい、葬儀そのものも信者の方々のサポートにより行われます。

カトリックで行われる葬儀の流れ

カトリックは全世界で10億人以上という神社がいる教派であり、歴史が深く伝統的な儀式を今に伝えている教派です。
そのため、葬儀に関しても伝統に沿って執り行われます。

危篤に近い段階になった時に司祭を呼び、病者の塗油のという儀式を行います。
逝去される直後に聖体拝領、仏教や神式でいう末期の水を行い、一旦ご自宅に御遺体を搬送し、安置、納棺、それから通夜式となります。

自宅に戻られた御遺体をご家族や近親者が囲み、司祭の唱導によって祈りをささげ、聖書を朗読し、故人の安息を祈り聖水を御遺体に巻きます。
こうした納棺式を経て、通夜式を行います。

通常カトリックについては通夜がありませんが、プロテスタントで前夜祭を行うことから、カトリックも通夜式を行うようになりました。
仏教の様に通夜振る舞いなどはありませんが、司祭の説教の後に茶菓子などを頂き故人を偲ぶ会が行われます。

その後、出棺式、葬儀、告別式と続き、火葬、埋葬となります。
カトリックの場合、亡くなられてから3日目、7日目、30日目、毎年の命日に追悼ミサが行われます。
聖書の朗読、聖歌合唱、お茶会など開き故人を偲びます。

プロテスタントの葬儀の流れ

プロテスタントはカトリックと比較すると柔軟性がありますが、宗派がかなり細かく分かれているので、故人が属していた教会に相談し葬儀を執り行う方がいいと思います。

信者の方が危篤となられ最後の時が迫っている時に牧師様に来ていただき、聖餐式を行います。
牧師様はキリストの最後の晩餐に因み、牧師様がパンと葡萄酒を与え病者の唇を示して神に祈りをささげ、永遠の安息を祈りながら最後の時を迎えます。

逝去されると御遺体をいったんご自宅に搬送し安置、その後納棺式を行います。
開式から遺族親族が聖書朗読、祈祷を行い御遺体を納棺します。

前夜祭は仏教でいう通夜のようなもので、亡くなった日の翌日に行われますが、最近は逝去当日、納棺式に続いて行われることが多くなっています。
ご遺族は喪服で、牧師様による説教がありますが、通夜振る舞いのようなものはなく軽食がふるまわれます。

出棺、葬儀、告別式と続き葬儀は終了しますが、亡くなられた日を召天記念日とし、その日から7日から10日、また30日目に召天記念式を行っています。