デジタル終活のポイント

デジタル終活とは

デジタル終活とは、デジタル遺品の取り扱いに関する活動です。
デジタル遺品は2種類あり、パソコンの中のドキュメントやスマホにある写真に代表されるオフラインデータとSNSやネット銀行のアカウントといったオンラインデータがあります。
遺品というと、例えば故人が使っていたカメラとか指輪や時計といったように目に見える物を想像しますが、こういったデジタル遺品は目に見えない物です。
なので、取り扱いには注意しないといけません。

デジタル終活の課題

今や、パソコンやスマホを使う人は増える一方です。
大事なデータも多くあるでしょうが、死によってそのデータがどうなってしまうかと思うと、心配になるという人もいるかもしれません。
実際、パスワードが分からずに突然の事故等で、亡くなってしまったという人も少なくはないでしょう。
そのようなデジタル遺品の扱いはどのようにすれば良いかが大きな課題になっています。

スマホのパスワードがわからず、データが開けないというケースは多発しているようです。
その中身が思い出の写真だったりすると、家族にとってはかわいそうなことになります。
昔ですと、写真はプリントしてアルバムに貼りますが、いまや写真もデータ管理になっていますので、データを開けないとなると辛いことです。

ビジネス関係でも、困ったことになる可能性が高いです。
会社のパソコンにある大量の会社取引に関するデータが失われてしまうと会社としての損失が発生してしまうかもしれません。

そして、インターネットでの金融の取引も注意が必要です。
特にFX取引などのようにリスクの高い商品は、時として大きな損失を出しますから、その損失が遺族への請求となってしまいます。
せめて、自分がどんな取引をしているか、どこの証券会社とのやり取りなのかということぐらいは家族に話しておくべきです。

デジタル終活のポイント

デジタル終活といえども、デジタル遺品の困りごとを解決するポイントはアナログです。
デジタル機器は開けなくなるとどうにもならないものですが、アナログのものはそのようなことはありません。

パソコンやスマホのパスワード、大事なアカウント、ネット銀行の口座等をノートに書いておくと良いです。
また、残してほしいデータや破棄してほしいデータ等も書いておくと今後、役に立つこと間違いないと言えます。

そのノートの有りかは、家族に前もって言っておくと良いでしょう。
たとえば、リビングのテレビボードの引き出しとか、家族ならばわかるところが良いかもしれません。

また、会社は会社で大事なことを書いておくノートを作って自分の引き出しにいれておくと、他の人とも共有出来て良いでしょう。
このように、デジタル遺品の困りごとはアナログで解決できそうですから、アナログも捨てたものではありません