相続税の節税対策を考える

生前贈与の活用

このようなことを親に話すというのは、ちょっと気が引けることですが、生前贈与をしておくと本人が亡くなったあと、家族にかかる相続税が安くなるのです。
つまり、生前贈与をうまく活用すると、相続税の節税になります。
どういうことかといいますと、生きているうちに自分の財産を子供に贈与してしまうということです。
そのようにすると、当然持っている財産が減りますから、死後の財産はそれほど多くの税金がかかりません。

しかし、贈与を受けるとなると贈与税がかかります。
110万円が通常の非課税枠ですが、相続税精算課税制度を使うと非課税枠は2500万円です。
ここで、相続税精算課税制度をご説明しますと、贈与の時は贈与税を非課税にしますが、相続の時に非課税分を精算して課税するという制度になります。
この辺りの詳しいことは、税理士に教えてもらうと良いです。

また、自宅を贈与、教育資金を贈与という場合も贈与税の非課税枠が500万円から2000万円です。
こういった節税対策を知っておくと色々と活用できるでしょうから、税理士等にもよく相談しながら、理解を深めておくとあとで助かります。

生命保険料控除のメリット

相続税の節税対策としてあげられるのが、生命保険料控除です。
生命保険は相続人1人あたり500万円非課税枠がありますので、もしも相続人が3人いたら、1500万円までは相続税なしで死亡保死亡保険金が受け取れます。

このように節税対策になる生命保険の商品は終身保険といって、死亡時に保険金を受け取れるものです。
この保険は保障が一生涯続いて、亡くなった後は死亡保険金がうけとれるという優れたものになります。

他の保険と比較するとその良さが分かりますので、ちょっと他の保険についても見てみます。
定額保険というものがあるのですが、こちらは期間限定で一生涯、保証はつづきません。
そして、残念なことに一定の日以外に死亡してしまうと保険金は受け取れませんから、払ってきた保険料は無駄になってしまうのです。
このように見ると、保険料は終身保険よりも安くて払いやすいのですが、保障の点ではあまり良くありません。

一方で、この二つの保険をミックスしたのが定額保険特約付き終身保険です。
両方の良いところを合わせた保険になりますが、すべてにおいて満たされているというわけではないようですから、目星を立てたプランがあったら、保険会社に聞いてみると良いかもしれません。

その他にも不動産投資等もありますので、いろいろなところを見てみると良い社会勉強になると思います。
まだ親は元気ですが、いざとなったらあわててしまうでしょうから、早めに相続税の節税が出来るかどうか、よく考えてみるのも良いことです。
また、税理士にも相談になってもらうと分かりやすく丁寧に教えてくれるでしょうから、私は切羽詰ったら税理士さんに聞いてみます。