家族が入院する時のポイント

家族が入院するときに準備するもの

もし、家族が入院ということになったら、あわてないように入院時に準備するものを知っておくと良いです。
特に、私の家のように親が高齢ですと、いつそのようなことになるかわかりませんから、準備することは大事だと思います。

まずはパジャマ等の寝衣(しんい)ですが、病院によっては指定の物があるので、必要ないということもあります。
次に、ガウンやカーディガンといった羽織るものも季節によって薄さを考える必要がありますが、あると便利です。
タオル類も洗顔などで必要ですし、洗顔フォーム、女性でしたら化粧水等、歯磨きセットやプラスチックのコップも必要になります。
そして、着替えの下着や足が冷える場合があるので靴下もあった方が良いです。

また、ボックスタイプのティッシュ、院内で履く履物も必要です
履物は院内でリハビリを受ける場合がありますから、すべりにくい靴タイプに物が良いかもしれません。
服用中の薬も必要で、他の病院からもらったものも持参した方が良いです。

手続きに必要なもの

手続きに必要な物は病院で指示されますので、それに従えば良いのですが、入院当日となると気持が高ぶっていますから聞いていても忘れてしまう事もあります。
親が高齢という人はいつそのような状況になってもいいように、心の準備をしておくと良いです。
一般的に健康保険証、高額療養費限度額認定証などの証明証、診察券が入院手続きや高額療養費制度を利用するために必要ですから、すぐに取り出せるところにしまっておくようにすると、いざというときにあわてないで済みます。

現金は入院保証金が必要な場合がありますから、必要です。
その病院にもよりますが、前金としていくらか納め、退院時に精算ということが多いでしょう。

筆記用具(ボールペン)、印鑑も書類を書く際に必要なので、持っていった方が良いです。
その際、印鑑は朱肉をつかうものにしないといけません。

長期入院に必要なもの

長期入院となると、先ほど書いたものの他にもあったら良いものがあります。
お風呂に入ることがありので、シャンプー、リンス、ボディーソープ、使い慣れた垢すり等もあると良いです。
A4クリアファイル等もあると書類を入れるのに便利ですし、病状についての説明をメモするようなノートや筆記用具も必要になります。
そして、連絡をとるために必要なスマートフォンや充電器も必要なので、使い方が分からない人には教えてあげると良いです。

テレビがある場合、聞けるようなイヤホン、退屈しのぎのラジオも必要になります。
お気に入りのお茶が飲めるようなティーバッグもあると良いのですが、病状によって良いかどうかということもあるので、病院に許可を求めた方が良いかもしれません。