生前にお墓を決めておく

生きてる間にお墓を選ぶ

生前にお墓を選ぶなんてどうかしている、と思いますか?
実は、生前にお墓を建てることを一般的に「寿陵」と呼びます。

墓

寿陵は、秦の始皇帝が不老長寿を祈願して生前にお墓を建てたことからはじまったといわれています。
その後、歴代の皇帝は代々寿陵をおこなった様子。

日本でも流行し、古墳や王の墓として用いられていました。
やはり皇帝が利用してきたものですから、寿陵=王の墓という側面が強かったのです。

このように、生前にお墓を建てるのは、昔は当たり前でした。
王の間だけになってしまいますが。
不老長寿の祈願や、縁起が良いなどの理由が背景にあったのです。

こちらにも寿陵の意味について解説してありますので、ぜひ参考にしてみてください。
>>寿陵の意味【エンディングパーク】

寿陵をしてみよう

お墓を建てる、とまではいかないかもしれませんが、生前にお墓を選んでおきませんか?
不老長寿を願って、健康祈願、縁起担ぎ、理由は何でも構いません。

お墓ってそもそも、人が最後に眠る場所です。
つまり、亡くなってしまった後の家なのです。

亡くなったあとの自分の家を選ぶと考えれば、何も不自然ではありませんよね。
実際に、生前にお墓を選んでいる方は結構いらっしゃいます。

通常は墓地探しから始めると、墓地が見つかってから工事が必要で、石の選定や見積もりなどを合わせて1年間かかります。
じっくり選んだほうが良いですし、納得いくお墓を選びたいのであれば、早めに選びはじめることをおすすめします。

最近では、核家族化、少子化の影響から、個人の墓や夫婦の墓への需要が高まって、生前のお墓を自分で選ぶケースが増えています。

それならば、そんな面倒なことを子供たちに託すより、自分で選んだほうが良いのではないでしょうか。