通夜を行う

通夜は故人をしのび行う儀式

ご家族、また近しい人がお亡くなりになると、通夜、葬儀を行います。
通夜は、葬儀や告別式の前夜に、親族や遺族、また故人と生前お付き合いの深かった方々が集まり、ご遺体に付き添い、お線香を絶やさず(邪霊を侵入させないため)棺をご遺族で守り、故人をしのびお別れをするものです。
葬儀や告別式に関しては公のものですが、通夜は公の儀式ではなく、私的な葬別とされます。
しかし現代では、通夜についても一般訊問客を迎える事が多く、通夜の法要を参列者と共に行い、会葬者に通夜振る舞いを行う半通夜という儀式がほとんどとなっています。

通所、一般会葬者は通夜に参列しないものでしたが、葬儀が日中行われるため、通夜の方が時間を費やせるという事で、通夜に参加される方が多くなりました。
そのため、半通夜が主流となっているのです。

通夜の準備、流れ

通夜の祭壇飾り、式場、受付、通夜振る舞いの会場設営などは、葬儀社の方で準備してくれます。
祭壇の前にご遺体を安置します。
遺族や親族は控室が用意されるので、飲食、着替え、休憩など控室で行います。

供花は通夜の斎場に直接届けられるため、贈られた方の名前などを記録しておきます。
供花の配列順序は、喪主、遺族、親類、友人・知人、関係企業等・・・と並べます。
配列の際には、こうした個人との関係がわかる遺族が立会、飾りつけを担当する葬儀社のスタッフに指示する事が必要です。

弔問、会葬者の方々にお渡しする会葬御礼の礼状、返礼品なども相談し、葬儀社の方が準備してくれます。
数、内容の確認も受付前に済ませておきます。

通夜から通夜振る舞い、棺守り

受付の係は香典を受け、芳名カードを受け取り照合、御礼を申し述べ式場へ案内します。
手荷物などを預かる事もありますので、葬儀社の方にその場所などを準備してもらいましょう。

遺族は清拭喪服で通夜、葬儀を行います。
僧侶による読経、どの途中から遺族、親族が焼香、次に弔問、会葬者の焼香となります。
焼香が終わった順に退席します。
会葬者の焼香が終わると僧侶から説教などがあり、それが終われば通夜の儀式は終了、喪主が挨拶を行い、通夜振る舞いの席に移ります。

通夜の訊問は長居をしないとされますので、飲食接待は必要ないモノです。
しかしオードブルや寿司などを用意し、振る舞いに参加できない人には持ち帰りするように折詰にするなども行います。

振る舞いが終わったら、親族、遺族は、葬儀・告別式の翌日になるまでずっと故人に付き添い、棺を守ります。
僧侶、会葬者が帰った後、斎場に宿泊し、祭壇の灯り、お線香を絶やさないように付き添います。

しかし最近では、夜間閉館してしまう所もあります。
宿泊の人数に限りがある場合もあります。
これは確認が必要でしょう。
宿泊される際には、お布団の手配なども葬儀社の方に依頼しておきましょう。