遺体を搬送する

お亡くなりになった方の移動

病院でお亡くなりになった場合、一旦ご自宅に帰宅させてあげたいと考えるのが通常でしょう。
ずっと自宅に帰りたいと願っていても、病状等によって帰宅させてあげることが出来ず、臨終を迎えることもあります。

病院でお亡くなりになってから、なるべく早くに、ご遺体を自宅などの安置場所へ搬送する必要があります。
急ぎ、ご遺体の搬送の手段を考慮します。
この際、医師の書いた死亡診断書が必要となります。

ご遺体を自宅などで迎える場合、近親者に迎えてもらうように手配します。
搬送に関する流れをここに紹介します。

ご遺体の搬送の準備、手配

医師から死亡診断書を受け取り、病院から自宅など搬送先に搬送する手配をします。
葬儀社に連絡し、寝台車を準備してもらいます。

法的にはご遺族の自家用車で搬送する事に問題がありませんが、寝台車の方が安定していますし、ご遺体を運ぶために作られている車なので安心です。
急死の場合、臨終の時点で葬儀社を決めるのは難しいという場合もあるかと思いますが、いち早く決めなくてはいけないことなので、万が一の際にはこの葬儀社と、ご家族で話し合っておく方がいいでしょう。

ご遺体の搬送先について

自宅に搬送されるというご家族が多いのですが、現代は、マンションで住民の方々に迷惑になる、また高層階に暮らしている場合、搬送が大変、家が狭い、また、自死などの場合、近隣の方々に知られたくないという事もあります。
自宅以外に搬送する事も多くなっているので、自宅以外の場合、搬送先を急ぎ、決めなくてはなりません。

斎場などにご遺体安置室、保冷庫などがある場合、葬儀社にお願いすればいいでしょう。
また直葬などの場合、火葬場にも霊安室や保冷庫などがあります。
ただ一時的な保存という場所なので、ゆっくり故人をお別れする場所といえないという事は理解しておきましょう。

葬儀社に遺体の安置を依頼する場合、当然ですが、葬儀をお願いする葬儀社に安置してもらう事になります。
葬儀社は、ご遺体の安置の場所を提供することになるので、その後、やっぱりこっちの葬儀社にお願いするから・・・という事はできません。
ご遺体の安置一つとっても、その後、葬儀に深く関係してくることになるので、慎重に迅速に行う必要があるのです。

できればご自宅でゆっくりお別れを

永遠の別れ、故人に言葉はありません。
しかし、長く暮らしてきた家で家族に囲まれながら通夜までの時間を過ごしたいでしょう。

ご遺体となっても、思い出の深いご自宅で時間を設けることができる方が、ご遺族も納得の時間を過ごすことができます。
住宅事情などもあるかと思いますが、出来れば、通夜、葬儀までの時間、ご自宅に搬送し時間を設けることを考える方がいいでしょう。