枕飾りを整える

枕飾り、葬儀の準備はわからないことが多い

近しい人がお亡くなりになると、ご遺体が搬送されたご自宅に伺い、お顔を見せていただくという事もあります。
その際、ご自宅では枕飾りが施され、お布団の中で静かに永遠の眠りについているお姿をみさせていただきます。

枕飾りや葬儀の準備など、人がお亡くなりになると大変だな、わからないことが多いなと、近しい人のお別れに行く度に感じますが、いざ自分の身内で行うとなると、本当にわからないことが多く、悲しみに暮れている時間などないと感じます。
少しでも臨終の際、すべきことを理解しておきましょう。
もちろん、いざその場になれば悲しみの中、しっかりと葬儀の準備ができるのか不安な方も多いと思いますが、葬儀社の方が丁寧にサポートしてくれるので、不安は必要ありません。

ご遺体の安置は?

一般的に病院から自宅にはそうされ、ご遺体を安置する事になります。
宗派によって違いがありますので確認が必要ですが、北枕、西枕などがあります。
故人が普段愛用していたお布団などがあれば、それを敷き、敷布などは新しいもの、若しくは洗濯した白色の敷布を利用します。
葬儀社で準備してくれる事もあります。

ご遺体の胸の位置に魔よけの刀を置き、刀や担当がない場合、カミソリ、さやのあるナイフなどを置きます。
お顔には白い布をかぶせます。
場合によっては病院で死後硬直までの措置として、ご遺体の両手首や顎などを包帯で縛っている頃もありますので、それは外します。

枕飾りはどのようにすればいいのか

ご遺体に沿って枕飾りの祭壇を設けます。
枕飾りというのは、仮祭壇の事です。
文机などに白い布をかけて、死装束、さらに1本箸を指した一善飯、水、枕団子などをお供えします。
焼香ができるように、お線香と香炉、灯明を置きます。
こうした仮祭壇も葬儀社の方で整えてくれますので、心配はいりません。

仮祭壇が整う位までには、菩提寺に連絡し、納棺の際には僧侶に来ていただけるように手配します。
こうした手配も、葬儀社の方にお話ししておけば手配してくれます。

葬儀の打合せと準備

葬儀社の方と葬儀に関わる近親者で、葬儀についての打合せを行います。
喪主や進行を行う近親者を決め、葬儀社の担当者に病院でもらってきた死亡届出書(急死、自死、事故死などの場合死体検案書)を渡します。
死亡届出書、火葬許可証などの手続きが必要になりますので、葬儀社の方に忘れずに渡しておきましょう。

喪主、葬儀委員長などの世話役決め、受け付け、会計、僧侶案内などの係決め、弔辞奉読を誰にするか、葬儀の日時、火葬場の確定、斎場の確定、会葬御礼、香典返しの数や内容なども決定します。
必要な費用を見積してもらい、内容を決定、その他、貸衣装などが必要ならその手配もしなければなりません。

納棺を行う

僧侶が到着し、枕経を読経していただいたら、僧侶立会いの元、近親者でご遺体を棺に納めます。
死装束を施し、故人が生前愛用してた品なども収めます。
ただし、金属類は納棺しないように注意しましょう。

斎場で通夜、告別式を行う場合、納棺したご遺体を寝台車にのせて搬送します。
この際、近所の方がお見送りなどしてくれた場合、喪主が故人に変わってお別れの言葉、感謝の言葉を述べます。