還骨法要をする

環骨法要とは

環骨法要とは、葬儀の斎場などからお寺さん、また自宅に戻り、遺骨、位牌、遺影を後飾り祭壇にご安置し、僧侶に読経をあげていただき供養する事をいいます。
お骨になって帰ってきた故人を読経などあげていただいて追悼するための儀式です。

斎場に戻る場合でも、自宅には後飾り祭壇を設けます。
ご逝去し、喪明けになるのは四十九日です。
その間の期間を仏教では中陰といい、遺骨、位牌は仏壇に納めてはいけない時期とされています。

そのため、高さの違う平机を用意し、白い布をかけた祭壇を自宅の仏壇の横、仏壇の前などに作り、遺骨、位牌、遺影を安置します。
中陰の期間にご安置するため、中陰壇とも呼ばれます。
通常、出棺後準備し、葬儀社の方に準備してもらうか、火葬場に行かない自宅に残る方に準備してもらいます。

遺骨法要の後に行う初七日法要

通常初七日法要は故人がお亡くなりになった日から7日目に行うものです。
大切な仏教儀式となるのですが、喪家や会葬者の方がまた7日後に集まるのは大変です。

そのため、最近ではほとんどの葬儀で、葬儀、告別式に合わせて初七日の法要を行う事が一般的です。
葬儀、告別式の後に行われる初七日法要を、繰り上げ初七日法要、また付け七日法要と呼びます。

仕上・精進落とし

環骨法要、また繰り上げ初七日法要を終えると、会食の宴会を開きます。
この環骨法要、繰り上げ初七日法要の後に行う会食を、仕上、精進落とし、また地域によってはお斎(おとぎ)といいます。
読経をあげていただいた僧侶、葬儀の世話をしてくれた方々などを招き、感謝の気持ちを込めて催すものです。

通常この精進落としも、四十九日の法要後、行われるものだったのですが、葬儀には遠方から来られる親類、また最後まで時間を割いて参列してくださった知人の方々などに配慮し、また四十九日に来ていただかなくてもいいように、葬儀の後、骨上げ、環骨法要を行い、その後、繰り上げ法要の後に行います。
僧侶が出席できない時には、持ち帰り用のお料理を用意し、お布施とお車代をお渡しし、お料理も持って帰ってもらいます。

斎場や自宅でお出しする宴席料理は、仕出し料理店などに依頼する事が多いです。
この場合も、葬儀社に相談すれば普段利用しているところに手配してくれます。
また仕出し料理ではなく、自宅の近くに料理店などがあればそこを利用する事もあります。
料理店などを利用する場合、遺骨、位牌などの仮祭壇をつくる事が出来るかどうか、確認しておくことが必要です。

これで葬儀は一通り終わります。
しかしこの後四十九日の法要まで行わなくてはなりませんし、その他法的手続きなど、葬儀後の方が何かを気忙しい事が続きます。