病院で臨終したとき

病院でお亡くなりになる方が多い

人がお亡くなりになる時、現代はその最後を病院で迎える事が多くなっています。
入院からご家族また大切な方が逝去された場合、遺族はどのように対応していくのか、大切な方がお亡くなりになる事は考えたくないことですが、永遠の別れを後悔のないモノとするために、すべきことがあります。
病院でご家族、また近しい人がお亡くなりになった時、お亡くなりになった直後からすべきこと、さらに葬儀に向けてどのような事を行っていけばいいのか、その手順等をご紹介します。

ご臨終から末期の水

入院している場合、医師が臨終に付き添いますので、臨終が告げられます。
ご遺族、親類など、最後をみとった一人一人が末期の水を行います。
本来、この儀式はお釈迦様が入滅される際に行われるもので、故人が息を引き取る前に、直前に行うものです。
しかし、現在は逝去直後に行います。

故人との縁が深い人から、臨終の場に居合わせた皆さんが順番に末期の水を行います。
(浄土真宗では末期の水がないので、病院スタッフに伝えておく方がいいでしょう)
茶碗に水を準備し、新しいガーゼや脱脂綿を割りばしの先にはさむ、若しくは新しい筆の穂先に水を含ませて故人の唇を潤します。

湯灌・清拭、身繕い、死化粧

お亡くなりになった方の湯灌、清拭は病院でお亡くなりになった場合、看護師が医療行為の死後措置として行います。
ご遺体を湯、若しくはアルコールで丁寧に拭き清めます。

亡くなった方には旅立ちの為の白装束に着替えさせるのが本来の行動ですが、最近は故人が生前お気に入りだった衣服などを着せて、旅立ちの身繕いとすることが多いです。
ご遺体の髪の毛を整えて、髭、産毛などをきれいに剃り、闘病で疲れたお顔であれば含み綿を施し、生前、健康だったころのイメージに近づけます。
女性であれば、薄化粧を施し、唇に紅をさします。

エンゼルケア、エンバーミングを行う医療機関もある

ご遺体の腐敗を防止し衛生的に保存するように処置を行う事をエンバーミングといいますが、病院で行うご遺体の清拭はこれに当らず、エンゼルケアといいます。
一部葬儀社では、ご遺体の衛生処理、メイクアップなどをエンゼルケア、エンバーミングという事があります。

エンバーミングは通常、エンバーマーという専門技能ライセンスを保有されている人が出来る行為で、ごくわずかな葬儀社にしか存在していません。
エンバーミングを行う医療機関もごくわずかに存在していますが、通常、病院で行うのはエンゼルケアであり、エンバーミングを行う医療機関は非常に少ないという現状があります。

病院で臨終する際、心配りが細かい施設もありますが、機械的に済まされたと感じることもあります。
しかしその後、ご遺族、葬儀社でしっかりと最後のお別れを納得のいくようなものにできれば、故人もきっと安心して旅立つことができるでしょう。