自宅で臨終したとき

最期を自宅で迎えたいと願う方も多い

最近は病院で最後の時間を過ごされる方が多いのですが、住み慣れた我が家で最後を迎える事を希望される方も多くなっています。
この背景には在宅での終末医療の体制が整ってきているという事もあり、自宅で最期を迎える事が出来るようになってきているという事もあります。

ご自宅で最期を迎えた場合、どのような対処が必要なのか、人がお亡くなりになる時の事を考えるのは辛いことです。
しかし遺族として何をすればいいのか、しっかり理解しておくことも、素晴らしい旅立ちとするために必要な事なのです。

医師の死亡確認が必要となる

病院であれば、医師が死亡確認できますが、ご自宅で療養中、危篤状態になった、心肺停止に陥った、またお亡くなりになってしまった場合でも、必ず、かかりつけの医師に連絡し、死亡確認を行ってもらう必要があります。
医師が到着する前にお亡くなりになってしまった場合でも、医師が死亡宣告しない限り「死亡」と認められません。
かかりつけの医師がいない場合でも、救急車を呼び病院に搬送してもらいます。

自宅療養などしていない状態で、健康に暮らしていた人が突然死したという場合、また自死されていた場合などはご遺体を動かすことなく、警察に連絡する必要があります。
都市部では監察医が、その他の地域では検視官が検視する必要があります。

死亡確認、ご遺体の安置

かかりつけ医師が死亡確認し、その後、死亡診断書を書いてくれます。
急死や自死、病死以外の事故死などの場合、検視を受けるため、その場合、死体検案書を警察で受け取ります。
死体検案書は死亡診断書と公的証明力が同じなので、葬儀屋火葬、埋葬を行うための行政への手続きの際、必要になります。

通常、自宅で療養中お亡くなりになりご遺体も病床という事が多いのですが、自死、自宅での急死、事故などでお亡くなりになった場合、検視の後、ご遺体を搬送しご安置しなければなりません。
その場合、故人がいつも利用していたベッドや布団などにあおむけに寝かせましょう。

末期の水の儀式

病院でお亡くなりになった場合、病院側で末期の水を準備してくれると思いますが、在宅療養中などご自宅でお亡くなりになった場合、自宅で末期の水を用意します。
死に水とも呼ばれる末期の水は、最後をみとった一人一人が故人との別れの際に行う儀式であり、通常、臨終前に行うものでした。

しかし最近は逝去直後に行う事がほとんどです。
故人の血縁者、その後、縁の深い順番に行います。
なお、浄土真宗では末期の水を行いません。
茶話人水を準備し、新しい脱脂綿などを割りばしの先に巻きつける、若しくは新しい筆を準備し、水を含ませ故人の唇を潤します。

湯灌・身繕い、死化粧はどうするのか

ご遺体の湯灌や身繕いは、葬儀社や納棺師のサポートでご遺族が行います。
葬儀の前、納棺の前に、お亡くなりになった方をお風呂に入れます。
ご遺体を清潔にするという意味合いがありますが、来世に旅立つ身の清めという意味もあります。

湯灌は葬儀社の方が行ってくれますが、ご遺族も一緒に行う方がいいでしょう。
湯灌が終わったら身繕いします。
死装束が通常ですが、最近は故人がお気に入りだった洋服などを着用させることがおおいようです。

その後、ご遺体の髪の毛をきれいに整えて、闘病窶れなどがある場合には含み綿などで健康なときのお顔に近づけ、女性であれば薄化粧をして唇に紅をさします。
故人が遺族や親類、友人の方々とのお別れが恥ずかしくないように、美しく仕上げて上げましょう。