主な葬儀の流れ

葬儀とはどのように行われるのか

通夜、葬式、告別式、葬儀と聞けば多くの日本人がこの流れを連想します。
しかし葬儀と一口にいっても、出席する側ではなく遺族側は行う事がたくさんあります。
お身内が無くなり、悲しみに打ちひしがれている間もなく、お亡くなりになった時からすぐに、永遠の別れに関する儀式の準備が始まります。

通夜、葬式は、その儀式の最終的な部分であり、その準備、火葬の手配、埋葬など葬儀の前、さらにその後も儀式はつながっていきます。
葬儀というのは葬儀前から葬儀後の諸事を含めたことをいい、その流れ全体が葬儀なのだと認識しておくことが必要でしょう。

仏式葬儀の流れ

国内で一番多く行われている葬儀が仏式葬儀です。
一般的にご病気やけがなどで病院のベッドの上で最後の時間を過ごされ、お亡くなりになり、それからご遺体を搬送し、葬儀の準備が始まります。

病院でご臨終された場合、ご遺体を一度ご自宅に運び、それから斎場などに搬送する事が多いようです。
通夜の前にはご遺体を、通夜の会場に搬送する事になります。

ご自宅に搬送した場合、通夜までの間、枕飾りを整えて安置し、僧侶に来ていただいて読経を頂きます。
友人や親類などご遺体に会いに来てくれる方もいらっしゃるでしょう。
その後、ご遺体を棺に納めて葬儀社の方と葬儀についての段取りなどを離します。

通夜準備から通夜

通夜は葬儀社が祭壇飾り、式場の準備、受付、通夜振る舞いの会場などの設営を行ってくれます。
ご遺体を納めた棺を安置し、親族、ご遺族には控室が準備されるので、休憩、飲食、着替えなどをここで済ませます。

供花の配列や贈り主の確認を行います。
通常、個人との関係の深さによって、喪主、遺族、親戚、友人・知人、会計企業等と並べます。
この配列には世話役となる親族が立会、葬儀社と共に決めていきます。

礼状や返礼品の確認を行い、足りないことがないように数量等しっかり確保しておきましょう。
そのうち、通夜の時間が近づくと訊問客の受付が行われ通夜法要が行われます。

通夜法要は僧侶による読経、遺族、親族の焼香、参列されている方々の焼香、それが終わると通夜振る舞いを行います。
通夜の夜はお線香を絶やさないように、親族、遺族が交代でお線香をともし続けます。

葬儀の準備から火葬、葬儀

通夜で祭壇や式場、受付が準備されていますので新たに設営することなく引き続き利用します。
通夜をご自宅で行い、葬儀を斎場でという場合、新たに葬儀場に説刑する事になりますが、飾りつけなどは葬儀社の方で行ってくれます。

弔電などの確認を行い、会葬者の受付を開始します。
葬儀の会場に着席し僧侶が入場、棺の蓋をあけて故人との最後のお別れを行います。
その際、供花を短く切って一人ずつ棺に入れていきます。
別れ花は一般会葬者も行います。
棺に蓋をして石で棺にくぎを打つ石打ちを行い棺を閉じます。
棺を霊柩車にのせ、喪主挨拶が行われ霊柩車の扉が閉じられ、長いクラクションで火葬場に出発します。

火葬場でご遺体を火葬している間、控室で飲食してもらい、遺族は参列者の方々に接待を行います。
火葬中も火葬炉の前に祭壇が設けられているので途中お参りし、お線香が絶えないようにします。

火葬が終わると骨あげを行い、その後骨壺に納めた遺骨をもって火葬場を後にします。
骨あげの後、斎場また自宅に戻り僧侶に読経、供養をしてもらい葬儀は終了となりますが、繰り上げ初七日法要を行うご家庭が多くなっています。
遺骨の法要と繰り上げ初七日法要が終わると会食のお席に移り、精進落としの会食を行います。
これは通常、四十九日法要後行うものですが、葬儀には遠方から来られている方も多いので、この当日、葬儀に来ていただいてくれた事をねぎらい精進落としの会食を行う事が多くなっています。