葬儀・告別式を行う

通夜の翌日行われる葬儀・告別式

通夜は本来、遺族など近親者のお別れの席であるとされていますが、葬儀は一般の会葬者を迎え行う、公式の儀式とされます。
葬儀後、ご遺体の入った棺を葬儀会場から火葬場に運び、荼毘にふします。
葬儀から、出棺まで、どのような事を行うのか、ある程度知識を持っておく方がいいでしょう。

葬儀とはどういう意味があるのか

葬儀はお亡くなりになった方の死を悼み、仏様や神様に故人の成仏等を祈る宗教儀式です。
宗旨宗派によって儀式の内容が異なるため、葬送儀礼に沿って行われます。

日本の場合、その9割が仏式葬儀となりますが、仏式であっても宗旨宗派によって流れに違いがあったり、すること、しないことがあります。
儀礼の意味に関しても、宗教によって違いがあるので、故人の宗旨宗派をしっかり理解されている方、また葬儀社にその旨を間違いなく伝えることが必要です。

祭壇と式場、受付の準備

通常、最近では通夜も斎場で行う事が多いので、祭壇も受付などもそのまま引き継ぎます。
供花についても同様です。

通夜を自宅などで行った場合、新たに斎場へ受付、祭壇などを作ります。
直葬、一日葬の場合なども斎場を当日作る事になります。

葬儀前の確認

弔電の紹介を行うので、送信者の確認、また氏名など読みにくい漢字などは間違いがあってはならないのでルビをふっておきます。
浄土真宗では冥福や草葉の陰で・・・といった言葉を利用しないので、そういった言葉があれば、別の言葉に読み返するため、書き換えておく方がいいでしょう。
確認が出来たら、読み上げる弔電を司会進行担当者の方に渡していきます。

受付は通夜同様です。
通夜に来られている方もいますので、受付は記帳のみ、という方も出てきます。
返礼品や礼状は区別なく、通夜にきた方にもお渡しします。

葬儀・告別式の流れ

遺族は正式喪服です。
血縁の濃い順番に祭壇に向かって右側に着席します。
左側には、葬儀委員長、世話役、近親者、職場関係者などが着席します。
弔辞を読まれる方のお席は、左側、出入りしやすいところに設けておきます。

司会者が開式を告げると僧侶が入堂します。
宗派ごと、式次第に基づき進行します。
式次第が終わると告別式に移る事を司会者が告げます。

告別式では、棺の蓋をあけて故人と最後のお別れをします。
一人ずつ短く切った供花を持ち、棺に入れながらお別れをします。
喪主から故人との血縁の深い順に、そして一般会葬者も行います。
お顔のまわりに白い花を、色のあるお花は肩から下に入れます。

棺に蓋をして石打ち(棺の蓋に石でくぎ打ちする)を行い、棺を閉じます。
棺を式場から近親者が運び出します。
棺を寝台車にのせ、寝台車の扉を開いた状態で喪主が挨拶を行います。
扉を閉じ、クラクションを長く鳴らした後、火葬場に向けて出発します。