火葬を行う

お亡くなりになった方を荼毘にふす「火葬」

世界では土葬される地域もありますが、日本は法律で火葬し埋葬することが決められています。
葬儀を行うためには医師の死亡診断書が必要であり、火葬するためには埋火葬許可証、死亡届が必要となります。
火葬場で火葬を行うと、ご遺骨と共に埋火葬許可証に火葬場が火葬済みという証印を押し、ご遺族に引き渡します。

火葬場到着から火葬

火葬場に到着したら受付の方に埋火葬許可証を示します。
確認が済むと火葬場の係の方が棺を霊柩車からストレッチャーに移し、火葬炉の前に運びます。

火葬炉の前には祭壇が準備されていますので、白木位牌、遺影、花を飾り、棺の窓を開けて故人に本当に最後のお別れを済ませます。
僧侶が同行している場合、野辺送りという読経が行われます。

炉の前でお別れが住むと棺の窓が閉じられます。
棺はストレッチャーで火葬炉の中に送出され、扉が閉じられ鍵がかけられます。
通常この鍵は、喪主に預けられます。

係員の指示により喪主(若しくは係員の方が)が点火ボタンを押し、全員合掌し火葬が始まります。
炉前の祭壇で焼香を済ませ、別室の控室で火葬が終わるまで待機します。

火葬中は飲食などふるまう事が多い

飲食物の持ち込みが出来る火葬場が多く、控室では遺族、火葬場まで来ていただいた方々を接待します。
火葬中は、火葬炉の前の祭壇の温泉香を絶やさないようにします。

サンドウィッチやおにぎりなどの軽食を出すことが多く、お菓子やアルコールなども用意されることが多いです。
故人をしのび火葬に立ち会ってくれた知人の方々にお礼の気持ちをもって接待しましょう。

お骨上げ

火葬が終わると火葬場の係の方が連絡してくれるので、収骨室に向かいます。
お骨になったご遺体を会葬者全員で囲み、喪主は骨壺を持ちご遺骨の頭部側に立ちます。

その他の方々は、骨箸を持ちます。
一般的に、長さの違う竹製と木製の箸が一組となっていて、足の骨の方から二人一組で拾い上げます。
故人と縁の深い順番に二人一組となり、箸で遺骨を拾い上げ、そこにもう一人が箸を添える形で行います。
三途の川を渡る時、橋渡しをするという意味を込めて行う儀式です。

全員が骨上げを行ったら、係の方が収骨してくれます。
骨壺に納められた遺骨、火葬済みの証印のある埋火葬許可証を受け取って火葬場から移動します。
喪主は遺骨を胸に抱き、喪主に準じる遺族がご位牌、遺影を胸に掲げ、火葬場を後にします。

故郷と自宅など、2カ所以上に納骨する分骨を行う場合、事前に葬儀社の方に分骨容器を準備してもらいます。
骨上げの際、担当者が分骨してくれます。
この場合、火葬場で分骨証明書が発行されますので、必ず前もって葬儀社の方に分骨を希望する旨を知らせておきましょう。